代表取締役 柳 万紀
Facebook
https://www.facebook.com/koreanhareruya/

会社名 株式会社エースプロジェクト
住所 〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋2-4-6
電話番号 06-4256-4479
代表者名 柳 万紀
事業内容 飲食店の運営、不動産コンサルティングなど

シナジー創出をめざして会社設立

大阪・心斎橋の『春家(はれるや)』と東京西馬込『朝日屋』という韓国家庭料理焼肉店を運営する株式会社エースプロジェクト。現在は、2店舗の飲食店運営に加えて東京と大阪で不動産事業にも取り組んでいる。代表取締役の柳万紀氏によると、もともとは柳氏の兄が起業の準備を進めていたが、ある理由で実現することはなかった。
「実は、会社設立する前に病気で亡くなってしまったんです。そこで、もともと兄を手伝うつもりだった私が、兄の遺志を継いで起業することにしました」

しかし柳氏には不動産事業の知識がないため、兄とともに不動産事業に取り組む予定だった親族が不動産事業の準備を進め、柳氏は飲食事業をスタートさせることに。 実は『春家(はれるや)』と『朝日屋』の2店舗は、ともに別々の親族が経営している店舗。
「私の母をはじめ、親族の中には東京や大阪で飲食店を経営している人が多いのですが、みんな個人店舗で単独運営しています。しかしながら現在の飲食店経営は、個人店舗単位で維持、成長させることは至難の業。そこで親族の店舗をひとつの法人内にまとめることで、人材や資金の調達力をはじめとしたシナジーを生み出そうと考え、手はじめに2店舗を法人内に組み込んで事業を進めていくことにしました」

人と人のネットワークが最も重要

大阪・心斎橋の春家(はれるや)

会社設立をサポートしてくれたFirstStepとの出会いは、元勤務先の女性社長からの紹介だった。
「彼女のもとで働いている時、私もFirstStep何度かお会いしたことがありました。その時の印象がとても良く、彼女からFirstStepの名前を聞いた時『確かにFirstStepなら大丈夫』と依頼することを決めました」

依頼してみると、何も言うことがないほどスムーズな対応に驚き、設立後の今も経営についてスタッフに教わることも多いという。そんな柳氏がビジネスに取り組む上で大切にしていることについてたずねた。
「あえて言うならストイックに取り組むことでしょうか。あとは人と人のつながりを大切にすること。飲食業界も人と人のつながりはとても大切ですが、不動産業界では飲食業界以上に人のつながりやネットワークが重要だと思います」

飲食も不動産も銀行との付き合い方が大切

東京・西馬込の朝日屋

柳氏にこれから起業しようとする人へのアドバイスをお願いすると、笑顔で資金面について考えておくことの大切さを語ってくれた。
「飲食事業や不動産事業での起業を考えるなら、銀行との付き合い方や資金繰り、資金調達がポイントになるのではないでしょうか。確かに税金の支払はできるだけ少なくしたい。しかしながら先輩経営者を見ていると、しっかりと事業に取り組んで成果を出し、しっかり税金を支払い、しっかりと銀行とお付き合いをして、しっかりと信用を作っている人がほとんど。自己資金での成長スピードや成長力には限界があり、お金に対する考え方をしっかり持つ必要があると感じています」

これからの時代、飲食店を自己資金だけで成長させるのは難しい時代になると考えている。
「早い段階から銀行の信用を得て、スムーズに資金調達できる環境を整えておく必要があります。それには、飲食事業であっても起業時点での法人化は必須かもしれませんね」

最後に今後の展開について話をうかがった。
「飲食事業はしっかりと継続できる体制を構築していきます。東京の店舗は20年営業しているので地元でも有名店。そんな東京の店舗のノウハウを大阪の店舗に投入して人気店に成長させたい。いずれは不動産事業と飲食事業を上手にシナジーさせながら、街に賑わいを創出するお手伝いができればと考えています」

担当者より

柳社長は設立当初から関わらせていただいており、 大阪のお店の方にも、ちょくちょく足を運ばせていただいております。
いつもお会いするたびに、社長の明るい人柄に元気をいただきます。 東京のお店も増え、事業も今後の展開が楽しみになってきています。 これからも会計・税務で社長のサポートができるようににお手伝いしてまいりますので、 今後ともよろしくお願いいたします。(木下 彰久)