経営分析の活用場面は?
FIRST STEP
トップページ > よくある質問Q&A > A13経営分析の活用場面は?
サイトマップ
CONTENTS
大阪での会社設立をお考えの方へ
独立・開業・会社設立や経営管理でお悩みの方へ

よくある質問Q&A

質問(Question)

13.経営分析はどのような場面で活用すればよいのでしょうか?

ご回答(Answer)

 

 経営分析の結果は主なところでは月次の業績管理や、年度経営計画、中期経営計画の策定などで重要な役割を果たします。

1.業績管理
 多くの会社は月次単位で業績管理をしているのが一般的ですが、前月の分析結果を踏まえてどのように次月以降の対策を立てているかがポイントです。
 分析は、計画に対してどのような結果に終わったか、そしてなぜそのような結果になったのかというレベルまで掘り下げます。原因が特定できれば、良い結果であればその原因を維持し、悪い結果であればその原因を排除します。これらの維持/排除が、次月以降の活動計画のベースとなるのです。
 自社の業績管理は単なる分析で終わっていないでしょうか。

2.年度経営計画・中期経営計画
 年度経営計画や中期経営計画の策定にあたっては、必ず経営分析が必要になってきます。
このような計画では、自社の置かれた現状を性格に把握することが前提となります。
年度経営計画では定量分析が中心に、中期経営計画では定量分析に加えて定性分析も大きなウエイトを占めてきます。
 年度経営計画は、次年度の月次計画にまで落とし込みますので、より具体的な計画が求められます。従って年度決算や月次決算に基づく定量分析が重要です。
 中期経営計画は、将来の不確実性の高い環境を予測しなければなりません。従って詳細な数値を使うほかに、SWOT分析による外部環境や内部環境の定性分析も重要になってきます。
 
   大阪を中心に活動する会計事務所 → 大阪の中央会計・税理士法人中央会計
    ・東大阪市が拠点でISO9001を認証取得している会計事務所(税理士事務所)。
    ・創業塾等の講師をしている税理士等が在籍する会計事務所。
   不動産所得者のための確定申告サイト → 不動産所得確定申告手続きガイド
    ・不動産所得がある方向けの確定申告ガイド。
    ・青色申告について等、確定申告に関する情報が満載。
   個人事業主の為の確定申告相談サイト → 確定申告相談
    ・事業所得がある方むけの確定申告についての相談サイト
    ・業種ごとに確定申告に関する情報多数。
会社設立や起業に関する質問はお気軽にご相談ください。相談無料です! 0120-682-099 受付(平日)9:00〜18:00
七つのウリ:創業支援パックは安いだけじゃない!
創業支援パック:創業当初の経営管理を低価格で実現
知らないと損する会社設立の話し
会社設立FirstStepスタッフブログ
起業された社長の声

サイト内を検索
FirstStepの経営に役立つ動画
-PR-
遠方の方はコチラ
オフィス・ナビ
レンタルサーバーのファーストサーバ
会社(法人)設立は最初が肝心です。会社設立を経験豊富な専門家が完全サポートいたします。
株式会社FirstStep(ファーストステップ)
フリーダイヤル 0120-692-099 FAX0120-692-066
大阪市中央区備後町3丁目6-2 大雅ビル3F
         東京都港区新橋2丁目18-5 平沢ビル3F
FIRST STEP