変動費と固定費の分類方法は
FIRST STEP
トップページ > よくある質問Q&A > A10変動費と固定費の分類方法は?
サイトマップ
CONTENTS
大阪での会社設立をお考えの方へ
独立・開業・会社設立や経営管理でお悩みの方へ

よくある質問Q&A

質問(Question)

10.変動費と固定費の分類方法は?

ご回答(Answer)


 実務的には、それぞれの勘定科目について、変動費と固定費に位置付けるのが一般的です。その場合、まず変動費とする科目を決めます。変動費と固定費とでは、ほとんどのケースで変動費の科目が少ないため、変動費から先に設定するのが合理的です。
 変動費と固定費を分類することを固変分解といいます。この固変分解の方法としては幾つかの方法がありますが、実務的なのは、個別費用法と呼ばれる方法があります。
 これは、科目の性質によって変動費に近いものは変動費とみなし、残りを固定費とみなす方法です。費用を完全に変動費と固定費に分解することは非常に困難で、作業も煩雑になることから、この方法が一般的です。
 大抵の場合は変動費が圧倒的に少ないため、先に変動費をどの科目とするかを決めます。固定費は自ずと残りの科目になります。
この変動費は、業種によって以下のように傾向が分かれますが、変動費の科目は限られていることがわかります。実際に固変分解する際は、以下の科目以外にも変動費に含めるべきものがないか検証すべきでしょう。


業種 変動費
建設業 材料費、外注費
製造業 原材料費、外注費
情報通信業 通信料
運輸業 燃料費
卸売業 仕入原価
小売業 仕入原価
不動産業 不動産原価、租税公課
飲食・宿泊業 原料費
サービス業 仕入原価


   大阪を中心に活動する会計事務所 → 大阪の中央会計・税理士法人中央会計
    ・東大阪市が拠点でISO9001を認証取得している会計事務所(税理士事務所)。
    ・創業塾等の講師をしている税理士等が在籍する会計事務所。
   不動産所得者のための確定申告サイト → 不動産所得確定申告手続きガイド
    ・不動産所得がある方向けの確定申告ガイド。
    ・青色申告について等、確定申告に関する情報が満載。
   個人事業主の為の確定申告相談サイト → 確定申告相談
    ・事業所得がある方むけの確定申告についての相談サイト
    ・業種ごとに確定申告に関する情報多数。
会社設立や起業に関する質問はお気軽にご相談ください。相談無料です! 0120-682-099 受付(平日)9:00〜18:00
七つのウリ:創業支援パックは安いだけじゃない!
創業支援パック:創業当初の経営管理を低価格で実現
知らないと損する会社設立の話し
会社設立FirstStepスタッフブログ
起業された社長の声

サイト内を検索
FirstStepの経営に役立つ動画
-PR-
遠方の方はコチラ
オフィス・ナビ
レンタルサーバーのファーストサーバ
会社(法人)設立は最初が肝心です。会社設立を経験豊富な専門家が完全サポートいたします。
株式会社FirstStep(ファーストステップ)
フリーダイヤル 0120-692-099 FAX0120-692-066
大阪市中央区備後町3丁目6-2 大雅ビル3F
         東京都港区新橋2丁目18-5 平沢ビル3F
FIRST STEP