税理士法第33条の2第1項(書面添付)とは?
FIRST STEP
トップページ > よくある質問Q&A > A04税理士法第33条の2第1項とは?
サイトマップ
CONTENTS
大阪での会社設立をお考えの方へ
独立・開業・会社設立や経営管理でお悩みの方へ

よくある質問Q&A

質問(Question)

01.税理士法第33条の2第1項(書面添付)とは?

ご回答(Answer)

 
税理士法では、書面添付について次のように規定しています。

1.税理士法第33条の2第1項 税理士は、[中略]当該申告書の作成に関し、計算し、整理し、又は相談に応じた事項を財務省令で定めるところにより記載した書面を当該申告書に添付することができる。

2. 書面添付した場合は、税務当局は、税理士から意見を聴取する義務が生じます。税理士法第35条第1項(要旨)税務官公署の職員は、この書面の添付してある申告書について、事前に日時場所を通知して税務調査をする場合には、その税理士に対して意見を述べる機会を与えなければならない。

3. 従って、書面添付制度とは、納税者の適正納税を実現するために、税務の専門家たる税理士が、責任をもって計算し、整理し、又は相談に応じた事項について、その内容を具体的に書面に記載することにより納税者に対する関与の程度を明らかにし、税務官公署もこれを尊重することにより、税務行政の円滑化と簡素化を図ることを目的としたものである。


書面添付とは税理士の行う品質保証です。
書面添付とは、税理士法第33条の2に規定されているものです。書面添付の概要としましては、顧問税理士が税務署に対して「関与先の税務申告書は適正なものであり、独立した公正な立場から適正申告納税の実現を行っております。」と太鼓判を押すことです。
書面添付により、税務署より信頼を受け、税務調査が省略されることもあります。弊社の行っている月次決算サービスは、会社の”今”を正確に理解していただくためのものです。
弊社の月次決算書は、会社において会計・税法上適正に処理された会計帳簿より作成させて いただきます。そのため、毎月お伺いさせていただき、100項目以上のチェックリストを活用し、会社の会計帳簿が適正に処理されているかの確認をさせていただきます。その毎月確認させていただいた事項を、添付書面に記載し、税務署に対し、適正な処理をしていることを訴えます。
会計・税法上適正に処理されていない会計帳簿からは、会社の正確な”今”を理解するための月次決算書の作成ができません。

>> 書面添付制度のメリット

@税務調査が少なく、また簡単になる可能性があります。

A事前に税務署から、調査内容等が知らされ、意見も十分に延べることができます。その結果、調査が流れる可能性もあります。

B税務申告書に対する税務当局などからの信頼性が高まるのみならず、金融機関からの信頼度も高くなり、企業の評価の向上につながります。金利優遇等の措置があります
 
  
  
   大阪を中心に活動する会計事務所 → 大阪の中央会計・税理士法人中央会計
    ・東大阪市が拠点でISO9001を認証取得している会計事務所(税理士事務所)。
    ・創業塾等の講師をしている税理士等が在籍する会計事務所。
   不動産所得者のための確定申告サイト → 不動産所得確定申告手続きガイド
    ・不動産所得がある方向けの確定申告ガイド。
    ・青色申告について等、確定申告に関する情報が満載。
   個人事業主の為の確定申告相談サイト → 確定申告相談
    ・事業所得がある方むけの確定申告についての相談サイト
    ・業種ごとに確定申告に関する情報多数。
会社設立や起業に関する質問はお気軽にご相談ください。相談無料です! 0120-682-099 受付(平日)9:00〜18:00
七つのウリ:創業支援パックは安いだけじゃない!
創業支援パック:創業当初の経営管理を低価格で実現
知らないと損する会社設立の話し
会社設立FirstStepスタッフブログ
起業された社長の声

サイト内を検索
FirstStepの経営に役立つ動画
-PR-
遠方の方はコチラ
オフィス・ナビ
レンタルサーバーのファーストサーバ
会社(法人)設立は最初が肝心です。会社設立を経験豊富な専門家が完全サポートいたします。
株式会社FirstStep(ファーストステップ)
フリーダイヤル 0120-692-099 FAX0120-692-066
大阪市中央区備後町3丁目6-2 大雅ビル3F
         東京都港区新橋2丁目18-5 平沢ビル3F
FIRST STEP