会社設立 大阪【会社設立を大阪で全国に提供する株式会社FirstStep】
FIRST STEP
大阪の株式会社作成 無料相談/お問い合せ サイトマップ
CONTENTS
大阪での会社設立をお考えの方へ
独立・開業・会社設立や経営管理でお悩みの方へ
  → 節税対策メルマガ申込
  → 全国の法務局一覧
  → 全国の税務署一覧
  → アスクルインターネットショップ
  → 許認可の必要な事業

許認可の必要な事業

古物商許可


「古物商」とは

古物の売買等(古物営業)には、盗品等の混入のおそれがあるため、古物営業法に基づき都道府県ごとに許可を得なければ営むことができません。
古物営業の許可申請をして、許可を受けた者を「古物商」といいます。


「古物」とは

一度使用された物品や、新品でも使用のため取り引きされた物品、及びこれらのものに幾分の手入れをした物品を「古物」といいます。

古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されます。
      
  1. 美術品類
  2.   
  3. 衣類
  4.   
  5. 時計・宝飾品類
  6.   
  7. 自動車
  8.   
  9. 自動二輪車及び原動機付自転車
  10.   
  11. 自転車類
  12.   
  13. 写真機類
  14.   
  15. 事務機器類
  16.   
  17. 機械工具類
  18.   
  19. 道具類
  20.   
  21. 皮革・ゴム製類品
  22.   
  23. 書籍
  24.   
  25. 金券類

許可申請の窓口

古物商の許可は、営業所を管轄する公安委員会から取得することになります。 複数の都道府県に営業所がある場合には、都道府県ごとに許可が必要となります。 新たに古物営業を始める人は、営業所の所在地を管轄する警察署保安係に許可申請をして、公安委員会の許可を受けて下さい。


許可を受けられない場合

次に該当する方は、許可を受けられません。
1.成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ないもの。
(従来は禁治産者、準禁治産者と呼ばれていたもの)
2.禁錮以上の刑、又は特定の犯罪により罰金の刑に処せられ、5年を経過しない者
3.住居の定まらない者
4.古物営業の許可を取り消されてから、5年を経過しない者
5.営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者


許可申請に必要な書類

平成12年4月の民法改正により、禁治産、準禁治産制度が「成年後見制度等」に変更となり、成年被後見人・被保佐人に該当しない者であることを証明するには、身分証明書と登記事項証明書の両方が必要ですので注意して下さい。


法人許可の申請の場合

住民票 監査役を含めた役員全員及び管理者の全員 各正副2通
身分証明書  同上 各正副2通
誓約書  同上 各正副2通
履歴書  同上 各正副2通
法人登記事項証明書 正副2通
定款の写し 正副2通

所轄の警察署に電話すれば親切に教えていただけます。
ご自身で手続きされる方がほとんどです。

よほどめんどくさくない限り、ご自身での手続きをお勧めします。


許認可一覧」へ
   大阪を中心に活動する会計事務所 → 大阪の中央会計・税理士法人中央会計
    ・大阪市が拠点でISO9001を認証取得している会計事務所(税理士法人)。
    ・創業塾等の講師をしている税理士等が在籍する会計事務所。
   不動産所得者の為の確定申告サイト → 不動産所得確定申告手続きガイド
    ・不動産所得がある方向けの確定申告ガイド。
    ・青色申告について等、確定申告に関する情報が満載。
   個人事業主の為の確定申告相談サイト → 確定申告相談
    ・事業所得がある方むけの確定申告についての相談サイト
    ・業種ごとに確定申告に関する情報多数。
PAGE TOP
会社設立や起業に関する質問はお気軽にご相談ください。相談無料です! 0120-682-099 受付(平日)9:00〜18:00
七つのウリ:創業支援パックは安いだけじゃない!
創業支援パック:創業当初の経営管理を低価格で実現
会社設立FirstStepスタッフブログ
起業された社長の声

サイト内を検索
FirstStepの経営に役立つ動画
-PR-
遠方の方はコチラ
オフィス・ナビ
レンタルサーバーのファーストサーバ
会社(法人)設立は最初が肝心です。会社設立を経験豊富な専門家が完全サポートいたします。
株式会社FirstStep(ファーストステップ)
フリーダイヤル 0120-692-099 FAX0120-692-066
大阪市中央区備後町3丁目6-2 大雅ビル3F
         東京都港区新橋2丁目18-5 平沢ビル3F
FIRST STEP